けやき通信

2016/07/22

地域に根ざした工務店 

 

 

「地元」という言葉がほんの少しだけ、注目されてきている昨今。

今若い人たちも「ちょうどいい」暮らしを求める人たちも増えつつあります。

私たちの若い頃に普通のことだった都会へ出ることや

外国で活躍することに魅力を感じなくなっている人が増えているのも事実。

社会も変化しています。

私の子供達の友人の多くも、実家から大学へ通ったり、

留学している子がごくごく少数になったり、地元で就職したりしています。

 

 

修繕も含めたリフォーム、リノベーションを専門的なリフォーム会社にお任せする選択と

地元で昔から建築業を行っている大工さんや工務店にお願いするという選択があります。

地元のいいところは、どんな会社かどんな仕事振りかをよくわかること。

地域の特性を知っていること。そしてまた、スピーディに対応してもらえること。

 

 

地域に根差し古くからの信用を大切に、私たちの会社も仕事をして参りました。

(今でもキャッツリフォームという名前よりも、「紙太」という名前のほうが有名です…。(´・ω・`)

多くのお客様と出会い、またそのお客様から多くのご友人、ご親戚、お知り合いの方々を

ご紹介頂きました。

ご年配の方々から、「昔、会長さんと野球チームつくってた。」とか「社長は教え子ですよ。」

などなど楽しいお話をお聞きすることも…。

お伺いしたお住まいが、数十年前に建てられた紙太の家だったことも多々ありました。

川辺町だけでなく、美濃加茂市や八百津町、可児市など紙太のことをご存知の方々が

多いことにビックリします。

現在まで引き継がれてきたことに、本当に感謝です。先人達のお陰やわ、といつも感じます。

 

 

だからこそ、「信用第一」の社是を大切に、地道な努力が必要です。

信用をつくることは日々の積み重ね。無くすことは一瞬です。

リフォーム部門の過渡期には、失敗もありました。反省と改善の繰り返しで、今に至ります。

現在、メンバーはいつも、損得より善悪を優先して対処しています。

そしてプロとしての仕事でお応えしています。プロフェッショナル=責任感だと思います。

これからも、「ここらへんで頼むならやっぱりキャッツリフォームかなぁ…」と思って頂けるように、

ひとつひとつ、しっかりした仕事をしてまいります。

ご縁がありましたら、どうぞ宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

005

 

 

 

 

 

 

 

 


2016/03/18

リフォームは暮らしの中に

 

 

キャッツリフォームが誕生したのは1999年3月20日。

(初めて、広告を出した日です。)

お陰様で創設から17年…いよいよ18年目に突入です。

 

 

リフォームという分野が建築業界では「修繕でしょ?」的な軽く見られる存在だったことは、

今は昔のお話。

当時のリフォームは何かにつけて、新築請負の工務店や建設会社から下に見られることを

とても残念に感じていました。( 私は仕事の内容に上下はないと思います。あるのは

指揮系統の上下だけではないでしょうか。)

建てた会社がリフォームを引き受けてくれないというお客様がたくさんいらっしゃいました。

( 注文住宅でさえも…。)

住まいとそこに暮らすご家族にとって大切な仕事であると、小さなことでも厭わず仕事を

してきました。 Cats Reform は お客様の住まいの 「猫の手」です。

家を建てたら必ず、家守りの存在も必要になります。 建てたら、お終いではありません。

今ではリフォームもリノベーションも、住まいとは切り離せない存在となりました。

隔世の感があります。

リフォーム業界を切り拓いてきたたくさんの先人たちのお蔭です。

 

リノベーションや古民家再生は、新築とは別の難しさがあります。

現地調査をして、的確な診断をしなければいけません。

構造的にもデザインとしても、どこを残し、どこを変えるのか。

キャッツリフォームには 住宅医 というちょっとハードルの高い資格を取得した者もおります。

そしてまた今まで積み重ねてきた5000件以上の実績が大きな糧となって、

お客様に的確なアドバイスを差し上げることができるベースとなっています。

 

スピ―ド対応、自然素材、デザイン性、耐震補強、オーダーメイドなプラン提案、

断熱改修、温熱環境向上…。

私たちのお奨めするものも、時と共にプラスされていきます。

進化することはあっても、逆戻りはしない。

住まいに関して研鑽を重ねながら、プロとしてご提案していきます。

新築もリフォームも同じです。

お客様に住まいの 安心 (いつでも相談できる)と 安全 (プロとしての仕事)を

お届けしたいと思っています。

 

 

 

 

before                                                                    after

DSCF0003ウッドデッキ5.1 011

 

 

 

 

 

 


2016/01/12

高気密高断熱の家~社会の資産として

 

 

建築業界も時代に応じて求められるものが変化していきます。

2020年に義務化される国の基準となるのがH25年の省エネ基準の数値。

最終的に目指すのが、ZEHと呼ばれるゼロエネ住宅です。

 

今年の冬も暖冬で、スキー場は積雪がなくオープンが遅れているところもあるようです。

地球にとっては「待ったなし」の状況、地球温暖化です。

そのためにそこに住む私たち人間が、まずはCO2の排出量を減らしましょう、

そして住まいのスクラップアンドビルドを見直して長く省エネで住める家を基準としましょうというのが

大まかな指針です。 高気密高断熱をわかりやすく数値化する。

「心地よい」という言葉ではあいまいで、人によって感じ方が違う。でもそれが共通した数値であれば、

快適な温熱環境を得るためのその家のランニングコストまで計ることもできるのです。

車の燃費と同じ考え方です。

 

基本性能がしっかり高性能になっていれば、ライフステージに応じてリフォームをして長く住むことが

できますし、何よりも健康に暮らすことができます。

そんな住まいは、次世代になっても子供たちが建替えを考えずに住んでくれます。

また手放す状況になっても、次の住まい手が見つかりやすいものです。

 

 

社会保障の財源も少なくなる未来のために、健康管理も自分たちでしていくことが必要となります。

自分たちのことだけ考える時代ではありません。

健康に暮らすことのできる高性能な家、社会の資産となる家をできるだけ増やすことが、

未来の子供達のためにできることと、建築に携わる者として考えます。

 

 

そしてそれはまた、リノベーションでも可能なのです。

キャッツリフォームでも、ここ数年、断熱気密改修のリフォーム、リノベーションを行って参りました。

国の長期優良住宅化リフォームの補助申請で採択された施工実例もあります。

皆様、「本当に快適に暮らせています。」と喜んで頂いています。

光熱費のデーターもとって頂きましたが、やはりランニングコストが下がっています。

どうぞ、ぜひご検討下さい。そして温度差のない快適な暮らしを実感してみて下さい。

数字は嘘をつきません…。

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 


2014/02/06

「ヒートショック」をご存知ですか?

 

立春を過ぎましたが、この冬一番と言われる寒波がやってきています。

外も寒いけれど、うちの中も寒いということはありませんか?

リビングやキッチン、子供部屋は暖かいけれど、トイレや浴室、布団に入ればがまんできる寝室は

寒いのがアタリマエとなっていませんか?

 

ヒートショックとは、急激な温度変化が体に及ぼす影響のことです。

2011年には約1万7.000人もの方々が、ヒートショックが関連した入浴関連死をされたとみられ、

交通事故による死亡者数を大きく上回っています。 ( 中日新聞 2013年2月3日の記事より )

暖かいリビングから寒い脱衣室へ⇒裸になりやや寒い浴室へ⇒熱い湯船へ。

また朝、あたたかい布団の中から寒いトイレへ。

部屋の温度差が、血圧の急激な変化をもたらします。

目に見えないけれど、体に負担がかかっています。 体は敏感に反応しているのですね。

年齢を重ねるほど、気をつけなければいけません。

 

「 もったいないから 」 「 がまんできること 」 などど考えずに、多少の光熱費がアップしても、

目には見えない健康のことを一番に考えてください。

断熱改修をしたり、暖房器具を適所に設置したり、家中の温度差をできるだけなくしましょう。

家を建てる時、断熱・気密をしっかり考えて性能のよい家を建てることが一番望ましいのですが、

リフォームやリノベーションでも打つ手はあります。

 

一番大切なことは、あなたやご家族の命です。

家づくりでも優先順位を間違えない様にしなければなりません。

デザインや設備、金額など目に見えるわかりやすいものよりも、

健康暮らしやすさ室内のきれいな空気自然素材のもつ力 など目に見えないものに

価値を見出すことが本当の豊かな暮らしではないでしょうか。

 

 

 

2013.6. 143

 

湿度を上げることも、室内を暖かくするために必要なことです。

昔ながらのくど(竈)で、餅つき用の餅米を蒸しているところ。湯気がいっぱいで土間でもあたたか。

 

 

 

 


2013/09/29

断熱材のこと

 

 

私たち紙太材木店、キャッツリフォームが高気密・高断熱の家にこだわるようになったのは、

たくさんのリフォーム工事を手掛けさせていただいたお陰だからです。

壁内でカビで真っ黒になった断熱材や下部へ落ち込んでしまっていた断熱材。

断熱のない状況の家、壁や床にできたカビの模様、とても寒い部屋、反対に暑くなりすぎる2階の部屋。

寒い冬に外壁に結露でできた模様、掃き出しサッシの結露の影響でブカブカになったフロア・・・などなど、

断熱材にまつわるたくさんの事例を拝見しました。

それまでも住む人が健康に暮らせるように、室内を自然素材でリフォームとお勧めして参りましたが、

家のそのものが健康でなくてはいけない! それこそが住む人が健康で暮らせること! と思い至りました。

 

新築はもちろんのこと、リフォームやリノベーションでも断熱改修は可能です。

ツーバイフォーのリノベーションをさせて頂いたお住まいに真夏の外気33℃の日中お邪魔した時、

断熱改修もしっかりしていたので、オーニングで日射遮蔽して朝から日射しを入れなかったLDKは

エアコンなしで涼しかったです。 断熱改修のお陰で、きっと真冬も寒さを感じにくくなっていると思います。

十数年前以前に建てられた家は、断熱に関して今ほど言われていませんでした。

どこのお住まいも同じような状況でしょう。

リフォームで気密性を上げることはむつかしくても、断熱性能は十分上げることができます。

 

ひと昔前は一般的だったグラスウールの断熱材・・・今ではよくない断熱材のように言われます。

セルロースファイバーや羊毛でなければいけないとまで言う住宅会社もあるようです。

断熱材に求められるのはあくまでも 断熱性 です。それ以上でも以下でもありません。断熱材が自然素材である

必要性???  断熱材は何よりも 経年変化しないこと が大事です。

壁内結露をしないように入れることが大切なことであり、科学的に精査された方法で適切に施工されれば

グラスウールでも何の問題もありません。

そのものが最大限に効果を発揮する施工方法を知っているか、きちんと施工しているかが重要です。

そのためには、私たちの参加している 高気密・高断熱・適切な換気 を真摯に研鑽している、

全国から集まる建築家の研究集団の精緻した情報が活きてきます。

新築だけでなく、リフォームにも応用できるとても貴重なデーターです。

私たちは、住む人のために住み継がれる家のために、大切なことをこれからもご提案していきます。

 

 

 

2013 0705 (13)

 

 

 

 


2013/06/23

断熱改修~温度差のない住まいへ

 

 

現在、新築の家では高気密・高断熱の家というのがひとつの大きなキーワードとなっています。

家づくりも進化しているのです。    *気密の気は空気でななく、水蒸気のことです。

最近の日本の気候は昔と違い、夏はとても暑く、冬は寒い。

冬は昔の方がもっと寒かったような気もしますが、それは住環境がよくなかったからそう感じた

のかもしれません。昔は家中が寒かった。今は冷暖房機器の発達で、家の中に温度差があります。

そして、夏はとんでもなく暑くなりました。

 

住まいも高気密・高断熱になることで、外の環境の影響を受けにくくなるように進化してきました。

次世代省エネ基準というものができたことも大きな要因でしょう。

この基準をクリアすることで、住宅ローンの利息が安くなるというメリットがきっかけとなり、

建てる方々の知識が高まってきたことも、家の進化に寄与しています。

こうしてよりよい住まいづくりに、つくり手も住まい手も進んでいくことはとてもよいことですよね。

 

ではリフォームやリノベーションではどうでしょうか?

解体して骨組みにして間取り変更などをするリノベーションでは、断熱改修は基本です。

キャッツリフォームでは、リフォームの一部改修でも、床や壁、天井を張替したりする時は、

必ず断熱のチェックをして現在の基準にあった状態にします。

今まで多くの工事をさせて頂きましたが、ひどい断熱状況にたくさん遭遇しました。

やはり、住まいにとっても住む人にとっても、断熱はとても大切です。

デザイン、素材などをうんぬんする前に、まず基本的な家としての在り方、それが断熱です。

気密はリフォームやリノベーションには、新築で一からつくり上げる状況とは違って難しい部分があります。

私たちは、工事をさせて頂くところに関してはできる限り気密性  をよくする方法をお勧めしています。

気密性の高い家というと、密閉された息苦しい家と勘違いされますが、それは違います。

密閉しなければいけない部位としてはいけない部位を明確にして、室内の空気の流れをコントロールする ための

手段です。そのことを知っている建築関係者(建築会社、設計士、大工など)は、気密を重要なポイント

思っています。

「高気密はパッシブでない。」 とトンチンカンなことを言う建築関係者は、単なる勉強不足です。

 

 

リノベーションなどの大がかりな工事は、その家にとっても何度も機会があるわけではありません。

せっかくのチャンス、ぜひ断熱改修もご一緒にしてください。

住む人が健康で暮らせるように

住まいがいい状態で住み継がれていくために

断熱、気密はとても大切なことです。

キャッツリフォームはこれからも  「断熱改修・気密改善」 をご提案させて頂きます。

 

 

 

1.21 2013 011

 

 

 

 


2013/05/01

古民家再生考 その1

 

 

私たちの会社には、古い家にお住まいのお客様からのご相談が時々あります。

まず、ショールームが築80年の建物をリノベーションしたこと。

紙太材木店という会社がリフォーム事業部を始めて15年目であり、

これまでに数々の古民家再生をしてきたこと。

材木店と言う名前から、古い建物にもくわしいと思っていただけること。

そして、会社にある事務所のひとつが築100年の建物であること。

様々なことがきっかけにあると思います。

 

古民家再生のリフォームもこれまでに20件以上手掛けてまいりました。

現地調査や耐震診断、プラン作成を含めると、50件近くを見させていただきました。

いくつもの事例を経験してきていることは、大切なことです。

経験上、構造的なものやその家の古さなどからどのような材料を使ってきているかなどを

理解していることは、家にとっても施主様にとってもメリットだと思います。

 

そして一番のポイントは、設計者である社長が古い家に住んでいることです。

普段の暮らしの不便なところ、残したい素晴らしい材のこと、

もう二度とつくれない職人の手仕事などを十分理解しています。

 

古い家とそれを建てた人々、暮らしてきた先人たちに敬意をもって、

 その家の歴史 を理解する。

その上で、いかに暮らしやすくストレスなく生活できるようにする か。

また、奇抜なデザインを取り入れるのではなく、時代を超えて残っていく 美しいデザイン にする。

過去~現在~未来 とつながっていかなければいけません。

大きなお金が必要ですし、今すぐは無理でも残して暮らしやすくする手段もあるということを

ひとりでも多くの古い家に暮らしている方々や

今は住んでいなくても保持している方々に知って頂きたいと思います。

 

 

 

 

12.31.2010 004